冷えについて瘀血について母体づくりについて|漢方不妊治療の実際|治療実績
院長より
TOP漢方不妊治療について > 治療実績

漢方不妊治療の実際

漢方で治療するときの目安になるものを、「しょう」といいます。
西洋医学では、問診や検査で病名を決め治療方針を立てますが、
漢方には独特の診断法があって、様々な症状を見て「証」を決めます。
「証」が決まることによって処方する漢方薬が決まり、
治療(漢方薬の服用)が始まります。


漢方医学では「証に随ってこれを治す」とか「証によって薬方を決める」という言葉が絶えず出てきます。「証」というのは証拠とか確証といった言葉に使われる「証」で、この患者さんにはどんな治療(薬方)を行うべき証拠があるかという意味の「証」です。漢方での診断はこの「証」を見きわめることにあります。

身体全体をみる漢方の診断方法

治療方針の「証」を決定するために、漢方では「ぼう」「ぶん」「もん」「せつ」の四診を行います。これらを総合して患者さんの証を見極めます。



望診ぼうしん・・・
 

聴覚、嗅覚による診断。聴覚を通じて、患者さんの声、せき、くしゃみ、しゃっくり、うわごと、胃内停水音、腹部雷鳴音などを聞き、嗅覚によって体臭や口臭などのにおいをかぎます。聞診というと聴診器をあて て体内の音を聞く聴診のように思いますが、まったくこれとは違い聴覚、嗅覚による診断法です.

聞診ぶんしん・・・
 

患者さんとの問答によって体の状態を知る診断法です。漢方では、自覚症状を重視し、まず患者さんが現在最も苦痛としている症状を聞き、これから証を決定するポイントをつかむため、一つの症状とそれに関連するいくつかの症状を聞くのがふつうです。

問診もんしん・・・
 

患者さんとの問答によって体の状態を知る診断法です。漢方では、自覚症状を重視し、まず患者さんが現在最も苦痛としている症状を聞き、これから証を決定するポイントをつかむため、一つの症状とそれに関連するいくつかの症状を聞くのがふつうです。

切診せつしん(脈診・腹診)・・・
 

医師が直接患者さんの身体に触れて行う診断法で、脈診と腹診があります。



漢方では脈は人間の生命の反応であるという考え方をするために、脈の状態を重視します。脈の性状、緊張状態などが判断の基準で、これにより全身の調和、不調和の状態を判断します。

腹診は漢方医学の診断法として最も重要な診断の要素です。お腹の状態を通じて全身の生命力、生活力を観察するものです。当院ではこの腹診に重点を置いて診察しています。腹診によって「腹証」が決まります。

腹診の様子

「証」を決定するうえで、最も重要な診断法の一つです。お腹に手を当てて腹部の状態をみます。腹部のどの腹筋が緊張しているか弛緩しているかにより腹証が決まり薬方が決まります。



治療のポイント
軟らかいお腹(妊娠しやすいお腹) | かたいお腹(妊娠しにくいお腹)

診断法でも述べましたが、当院では腹診に重点を置いて診察しています。(以下現在の文章と同様)
腹部とくに臍から下の腹部を診察すると、患者さんの中には「かたいお腹」あるいは「突っ張ったお腹」をしている人がいます。

妊娠するための良いお腹とは「軟らかい・ふっくらしたお腹」です。妊娠しやすい人は皮膚や腹筋が弾力性に富み、つきたてのおもちのような柔らかさを持っています。治療の目的はこのようなお腹にすることにあります。「かたいお腹」とは瘀血や余分な脂肪で下腹部が硬直している場合をいいます。このようなかたく、突っ張っているお腹を「軟らかい。ふっくらしたお腹」にさせることが治療のポイントになります。

 



名誉院長の子宮苗床論、他




タイプ別漢方
当診療所で使用する頻度の高い薬方をタイプ別にあげてみました。
実際には一つの薬方だけで妊娠するのは少なく、いくつかの薬方を経て徐々に母体の環境を整えていきます。
※下線のある薬方には、簡単な解説があります。
表 タイプ別漢方 表 タイプ別漢方 表 タイプ別漢方 表 タイプ別漢方 表 タイプ別漢方
表 タイプ別漢方 表 タイプ別漢方 表 タイプ別漢方 表 タイプ別漢方 表 タイプ別漢方
表 タイプ別漢方 表 タイプ別漢方 表 タイプ別漢方 表 タイプ別漢方 表 タイプ別漢方
ページトップへページトップへ




表 簡単な漢方解説 表 簡単な漢方解説
表 簡単な漢方解説 表 簡単な漢方解説
表 簡単な漢方解説 表 簡単な漢方解説
表 簡単な漢方解説 表 簡単な漢方解説





冷えについて |瘀血について | 母体づくりについて | 漢方不妊治療の実際 | 治療実績 | 院長より

このページのトップへ