TOP患者さんからのお手紙 > 平成30年3月 T・Rさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成30年7月 B・Kさん 40歳(初診時) 人工授精6回、体外受精4回の不妊、体調を整えて自然妊娠

予定日を2週間過ぎても出産とならず、急遽、帝王切開となりましたが、元気で大きな男の子を出産しました。不妊治療をしても授かることのできなかった命が、今うでの中にいる幸せを毎日感じています。

玄和堂に通院をはじめて、体調が整っていくのが実感できました。先生から言われていた目標体重まで体重が減ったころ、自然妊娠となりました。

玄和堂での適切な治療やアドバイスだけでなく、先生やスタッフの方々のあたたかい対応や声掛けが、不妊治療でつらい思いをしていた私にとって、大変ありがたく、そういった優しい皆さんの思いが42歳での出産という結果を生み出したのだと感じます。本当に、心から感謝申し上げます。

─この方への治療─


結婚歴1年9ヵ月。人工授精6回、体外受精4回施行も妊娠に至らず。その後一度自然妊娠するも流産となる。出産までたどり着けるよう体調を整えたいと来院。生理は不順。首、肩、背中が凝る。お腹が張り、ガスが多い。胃腸が弱く、寒がり。身長160cm、体重53kg。食欲は普通。湯水は5~6杯。便通1日に1回。小水1日9回。

来院されたのが流産後まもなくであったことから、まずは、流産による気血水の乱れを戻し、体調を整える目的で加味逍遙散を投与。その後、問診および腹証から、冷えの改善には「当帰四逆湯」、瘀血とガスの改善には「折衝飲」として一日おきに交互に服用とした。服用後半年で一度妊娠したが流産。再度、冷え瘀血の改善のために、上記処方を投与。その後、腹部の瘀血も改善され、お腹の固さも取れたため当帰芍薬散とした。その直後に自然妊娠。順調に経過し、無事男児を出産された。体外受精などのホルモン剤投与による瘀血のお腹の固さが、駆瘀血剤等で改善され妊娠に至った典型的な症例と思われる。(服用期間10ヵ月)



<前の手紙


このページのトップへ