TOP患者さんからのお手紙 > 平成29年9月 W・Hさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成29年9月 W・Hさん 42歳(初診時) 採卵12回移植2回、虚弱体質で貧血気味の不妊、体質を改善して妊娠

空も秋色を帯びてまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
このたびは、長男の出産のご報告を玄和堂診療所のみなさまにお伝えできる事、とても嬉しくこの手紙を書いております。

平成29年8月に鉗子分娩にて3316gの元気な男の子を出産致しました。分娩週数は39週3日でした。42歳の平成28年2月に玄和堂診療所にお世話になりはじめてから44歳の平成29年8月の出産まで玄和堂診療所のみなさまに支えて頂きながら治療を続け、この手に長男を抱いて毎日を過ごせる事、言葉では言い表す事のできないほど感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

私たち夫婦のように子を望む多くの人達の希望となっている玄和堂診療所のみなさまの今後の益々のご発展を心より応援しております。まずは書面を持ちまして御礼申し上げます。

─この方への治療─


結婚歴3年9ヵ月。タイミング法にて2度妊娠するも一度は流産、2度目は子宮外妊娠となる。その後採卵12回も移植は2回のみ、ずれも妊娠に至らず。体調不良を改善して妊娠したいと来院された。生理は順調。首、肩、背中の凝り、頭痛を訴え、疲れやすく貧血気味。身長167cm、体重51kg。食欲はあまりなく、湯水は6杯ほど。便通1日に1~2回。小水1日7~8回。

虚弱体質で貧血気味であることから、まず加味帰脾湯を投与。1ヵ月ほど服用すると元気が出るようになったと言う。その後も継続して服用し、顕微授精にて妊娠。順調に経過し無事男児を出産された。この方は、一見元気そうに見えるが見掛け倒しで虚弱で貧血気味。採卵・移植を何度試みてもうまくいかなかったが、漢方を服用することで、虚弱だった身体が改善され、赤ちゃんを迎えられるようになったのだろう。
(服用期間10ヵ月)



<前の手紙


このページのトップへ