TOP患者さんからのお手紙 > 平成18年3月 N・Mさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成18年3月 N・Mさん 30歳(初診時) PCOS、黄体機能不全、卵管障害(左閉塞、右狭窄)の不妊、4ヵ月間の服薬で妊娠。

寺師先生、若先生、スタッフの皆さま、こんにちは。お変わりありませんか?
この度、玄和堂診療所での御指導のお陰で4ヵ月で妊娠させて頂き、3100gの女児を無事出産、現在4ヵ月になる娘の夢にまでみた育児生活をむかえる事が出来ました。御報告が遅くなってしまいましたが、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

先生との出会いがなければ、この日はむかえられませんでした。結婚4年目にしてまだ子宝に恵まれず、不妊専門の病院に通っていた頃、精神的・肉体的にも私はボロボロでした。私の場合、PCOS、卵巣機能不全、左側卵管閉塞(右側卵管は狭い)、黄体機能不全、排卵障害・・・とかなりの重症だったので、もう体外受精しかないと考えておりました。

体を整えるつもりで玄和堂診療所に伺った所、なんと4ヵ月で!!妊娠させて頂きました。不妊病院での治療は、毎回つらく行く事が苦痛でしたが、玄和堂診療所は寺師先生の明るく元気な声とスタッフの皆様の上品な優しさが、私を暗い気持ちから元気づけさせて前向きにさせて下さいました。漢方を処方していただいて、今まで周期が長く無排卵だった生理が、少しずつ整い排卵もするようになり、自分でも「え?!」と体の変化に驚いておりました。

妊娠中は流産止めの漢方を処方して頂き「私には玄和堂診療所がついている!!」 と思い、安心して妊娠生活を送る事が出来ました。

現在、こうして娘と主人との3人での生活が出来るのは、玄和堂診療所との出会いがあったからこそ・・・あの時、不妊病院で治療を続け体外受精をしていたら・・・と考えるだけでも身ぶるいがしてしまいます。先生、本当にありがとうございました。毎日、育児に振り回されておりますが、この忙しさも幸せだと思っております。そして玄和堂診療所とのご縁に感謝しています。現在治療中の皆様、どうか一日でも早く良い結果が出ますことを心より願っております。

そして寺師先生、若先生、スタッフの皆様、ありがとうございました。

親バカですが、 娘の写真を同封させて頂きます。ぜいたくかもしれませんが2人目もお世話になりたく思っております。どうぞこれからもよろしくお願いします。

─この方への治療─


結婚歴3年11ヵ月。平成14年11月より不妊治療を受ける。多のう胞性卵巣症候群(PCOS)、黄体機能不全、卵管障害(左閉塞、右狭窄)のため、クロミッド-hCGの治療を受けるが、正常だった生理が不順になったという。体外受精をすすめられていると。基礎体温を二相性に、周期を正常にしたいといって来院された。身長162cm、体重54kg。冷え症のうえすごく寒がり。怒り易い。便通は2日に1回で硬い。食欲はさかん、湯水は5杯。

腹診すると、鼠径部の突っ張りを認め冷え症もあることより、当帰四逆湯加味方を投与する。121日分投与し自然妊娠に至る。ご本人も不妊の重症と思われていて体外しかないと考えておられた様子。喜びがこちらにも伝わり嬉しい症例である。その後、順調に経過し無事に女児を出産された。冷えを改善し、血液の流れをよくすることで卵巣・子宮の働きを高めたのだろう。



<前の手紙  次の手紙>


このページのトップへ