TOP患者さんからのお手紙 > 平成19年4月 D・Tさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成19年4月 D・Tさん 31歳(初診時) ダイエットによるストレス・生理不順を改善し妊娠に至る。

寺師先生 若先生 玄和堂診療所の皆様へ

前略色とりどりの花が咲き誇るよい季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?ご報告が遅くなりましたが、平成18年11月1日、3212gの元気な女の子を助産院にて出産致しました。陣痛から出産まで17時間かかりましたが、初産にしてはとても安産だったと思います。

今5ヶ月になった娘を育てられてとても幸福な私ですが、初めて診療所を訪れた時は「もうここしかない」という思いでいっぱいでした。元々ダイエットのストレスで生理がストップ、子供を授かりにくいことがわかった上で結婚して2年目のことです。ずっと地元の薬局で中国漢方を飲み、結婚後は排卵誘発剤を併用するなどして、やっとその年の正月に生理が戻ってきた所でした。タイミング療法や人工授精は試みてみましたが上手くはいきません。次のステップに進むかどうか迷っていた矢先に寺師先生の本に出会ったのです。

診療所の中には同じような思いの人がたくさんいらっしゃって胸が一杯になりました。診察で、私のお腹は固く妊娠しづらいとのことでした。結局妊娠したのが7ヶ月後、その間遠方だったので初診含めて2回の診察。
その2回とも同じ診断で、どのくらいの時間かかるのかなぁ…とずっと思っていたので、平成18年3月に妊娠が判明した時は嬉しさ以上に驚きの方が大きかったものです。リバウンドしていた体重を減らせたわけでもなく、ただただ一生懸命、処方された煎じ薬を毎日かかさず飲んでいただけなのですが。それが良かったのでしょうか?(職場を3月で退職すると決めてストレスが減った事も1つあるのでしょうが…)

妊娠できて嬉しかった事。私の母は末期の乳ガンで平成18年3月10日にこの世を去ったのですが、その2~3日前に妊娠が判明、「3番目の孫ができるよ~」と病床の母に報告出来た事です。意識は朦朧としていましたが、「良かったねぇ~」と言ってくれたように思います。本当はもう少し早く親孝行してあげたかったけど、何事もマイペースな娘だったので…(笑)。天国で見守ってくれてることでしょう。

寺師先生、若先生、玄和堂診療所の皆様。本当にありがとうございました。こんなにも早く我が子を胸に抱かせてくれた、皆様に感謝致します。本当ならばお伺いして、お礼と娘の顔を見せたい所ですが何分遠方の上お許し下さい。娘の写真を同封致します。こんなにもぷくぷくと順調に育っていってくれていることを幸せに、これからも子育て頑張っていこうと思います。

長々と乱筆・乱文お許し下さい。これからも、赤ちゃんを望む夫婦の為に、光を与え続けて下さいね。

早々

─この方への治療─


結婚歴2年。25歳のころダイエットで約10kg体重を落とし、元々不順だった生理が止まる。その後、ホルモン剤で生理を起こす。
結婚後、排卵誘発剤、タイミング療法、人工授精などをする。高プロラクチン血症ともいわれた。体に変調をきたし、ホルモン治療を休む。地元の中国漢方をのみ、体が元に戻ってきたという。体質改善をして元気な赤ちゃんを産みたいと来院された。身長163cm、体重62kgと大柄タイプ。首、肩が凝り、ガス腹、冷え症で疲れやすい。便通は4日に1回。食欲はさかんで湯水は8杯。
腹証により、胸脇苦満が顕著で、下腹部の硬さより、大柴胡湯合桂枝茯苓丸料の加味方を投与。同方を7ヵ月服用後、自然妊娠に至る。目立って諸症状が緩和されたわけではないが、体内で少しずつだか、体質改善された結果と考えられる。その後順調に経過し、無事に女児を出産された。



<前の手紙  次の手紙>


このページのトップへ