TOP患者さんからのお手紙 > 平成20年1月 G・Yさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成20年1月 G・Yさん 32歳(初診時) タイミング法~人工授精6回(2年弱、3ヵ所)。瘀血を改善し自然妊娠に至る

若先生、スタッフの皆様

お元気でいらっしゃいますか?
ご挨拶が遅くなりましたが、9月14日普通分娩にて3725gの男の子を無事に出産いたしました。妊娠中は切迫流産で安静という時期もありましたがその際も漢方をいただき乗り越えられました。

思い起こせば2001年11月結婚。1年経っても〝妊娠しないかナ?〟と少し不安に思い区の子宮ガン検診の際に相談し、検査から始まりタイミング方法からチャレンジしました。検査結果、2人共特に原因が見当たりませんでした。

タイミングののち、人工授精に進むということで、不妊治療専門の病院へ移り再度、検査→タイミング、そして人工授精に進みましたが結果が出ず。その後も病院を変えて同じことの繰り返しでした。

その間に月日の流れ、周りの友達の妊娠・・・と焦りがつのるばかりでした。次の体外受精までは主人と相談の結果チャレンジを断念しました。この頃は毎日図書館へ仕事帰り通い何冊もの不妊本を読みあさり生理が来る度に落ち込み、やめようと思いながらもお酒やタバコで紛らわしていました。

そんな日々を続ける中、友達の10年越しの妊娠を知らされ、玄和堂のおかげでと知り私も〝これしかない〟という思いで賭けてみました。この頃には1ヵ月に何度も病院へ通い注射(誘発)や薬に自分の体が大丈夫なのか不安でいっぱいで病院治療にピリオドを打とうかと思っていた頃でした。

そして玄和堂へ予約を入れて2005年3月いよいよ漢方治療開始しました。毎日煎じて飲むこと1年9ヵ月信じられないまさかの妊娠でした。当所、1年半はかかると大先生に最初言われていましたのでほぼ同じくらいの期間で妊娠できたことにもビックリ。毎月、不安な気持ちで悩みをかかえて玄和堂へ通うと全ての悩みに答えてくれた若先生の丁寧な診察、とても安心し、ほっとしました。

漢方を飲むようになり、このままではいけないと大好きだったお酒やタバコもやめ、毎日の食事にも気を配り食べなかった朝食も取るように心がけました。漢方を始めてからの変わった自分にも自分自身びっくりしました。

そして漢方と一緒に妊娠前に先生に紹介していただいた病院で行った卵管造影検査でつまり気味の卵管をおそうじしたことも相乗効果だったと思います。漢方服用前にも2回行きましたが結果が出なかったので・・・何はともあれ本当にありがとうございました。

今は慣れない育児を楽しく過ごしております。3ヵ月を迎え首もしっかりし、声を出しておしゃべりを始めました。布おむつを始めて毎日ベランダでパンパンと干しながら幸せを感じております。

今後も2人目を考えておりますので、その際には、またお願い致します。
寒い日が続きますので風邪などひかぬようお体大切にして下さい。

これからも先生の診察でたくさんの方々が妊娠されますようお祈りいたします。

─この方への治療─


結婚歴3年3ヵ月。2年近く、3ヵ所で毎月のように、クロミッド、HCGを使用しながら、タイミング法、人工授精6回するも妊娠しないといわれ来院。次のステップアップは考えられないと。卵管の片方はつまり気味。夫は問題なし。生理は順調、期間は4日間で量は少ない。基礎体温表から判断すると低温期は短めで、高温期はきれいに上がらずガタガタである。身長165cm、体重53kg。頭痛、めまい、首・肩・背中の凝り、腹が張る。疲れやすく、寒がり、風邪をひき易いなど、訴えが多い。食欲は盛んで湯水は3~4杯。

腹証により、当帰四逆湯加味方を投与。その後、排卵日のガス腹、瘀血 の圧痛点(+)などにより折衝飲に変方。改善後、最終的に当帰四逆湯と当帰芍薬散で自然妊娠に至った。1年9ヵ月の服用である。その後、無事に男児を出産された。瘀血を解消し、諸症状の改善などにより妊娠できる母体づくりができたのであろう。



<前の手紙  次の手紙>


このページのトップへ