TOP患者さんからのお手紙 > 平成20年1月 S・Sさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成20年1月 S・Sさん 37歳(初診時) 多嚢胞性卵巣症候群。自力で排卵がみられ妊娠に至る(2ヵ月服用)

新年あけましておめでとうございます。

昨年1月9日に初診でお伺いしました。3月15日に妊娠がわかり、11月12日に2540gの女の子を無事出産しました。分娩時間は病院に着いてからは七時間、自然分娩でした。初産としては平均的な時間で、安産でしたと助産師さんから言われました。

ちょうど一年前初診でお伺いした時、寺師硯甫先生にじっくり話を聞いていただき、先生から丁寧にご説明いただき、とても嬉しかったことをよくおぼえております。

先生に言われたとおり、

 ●漢方を飲んだこと(流産止めの薬はつわりでどうしても飲めませんでしたが、妊娠前まではしっかり飲みました)
 ●体重を少し落としたこと
 ●食事に気をつけたこと(身体を冷やす食べ物は控える等)
 ●身体を冷やさないようにして、常に温めたこと
 ●規則正しい生活を心がけたこと(早寝早起き等)
 ●前向きな気持ちを持ったこと

等から妊娠し、子供を授かることができました。本当にありがとうございました。
育児は大変ですが、日々成長している娘を見て、教えられることがたくさんあり、充実した毎日を送っております。

寺師先生、診療所の皆様、寒い日が続いておりますので、どうぞお身体をご自愛くださいませ。

平成二十年 元旦

─この方への治療─


結婚暦5年4ヵ月。子宮筋腫はあるが経過観察の状況である。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)でクロミッド服用し、タイミング法を行うが、妊娠に至っていない。両卵管は疎通。夫は特に問題なし。生理は順調、期間は4日間。身長156cm、体重57.5kg。肩が凝り、目が疲れやすい。冷えもある。便通は3日に1回で便秘。食欲はふつうで湯水5~6杯。

腹証により、大柴胡湯合桂枝茯苓丸料加味方を投与。少し体重を落とすよう指示。二診時には、胸脇苦満、瘀血の圧痛が軽減。体重も2kg減となる。三診時には、自力で排卵があり、妊娠しましたとのこと。服用2ヵ月での早い妊娠である。その後順調に経過し、無事に女児を出産された。体重が落ち、体内が改善された結果だと思う。



<前の手紙  次の手紙>


このページのトップへ