TOP患者さんからのお手紙 > 平成20年9月 Y.Mさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成20年9月 Y・Mさん 32歳(初診時) 子宮・卵巣が萎縮。早期閉経状態の不妊、自然妊娠す

玄和堂の皆様、お変わりありませんか。すっかりお礼の手紙が遅くなり、申し訳ありません。

お陰様で、今年の4月25日、無事3380gの男児を出産致しました。妊娠中も流産止めのお薬をお送り下さり、大きなトラブルもなく出産の日を迎えることができました。本当にありがとうございました。

26歳頃から生理不順に悩まされ、次第に早発閉経に近い無月経となり、どの病院に行っても前向きなことは言われず、赤ちゃんはあきらめないといけないのか・・・と落ち込んだ日々もたくさんありました。注射などの不妊治療もつらく、憂うつな気分でいたころ、玄和堂の存在を知り、さっそく初診の申込をしました。

月に一度の通院ではスタッフの方の温かい応対と若先生の丁寧な診療、気さくなお話で楽しい気分になりました。漢方のおかげで弱かったお腹の調子も良くなり、食生活も見直すことができました。赤ちゃんができなくても、体質が改善されれば・・・と思い始めていたころ、“おなかがやわらかくなってきている。80点くらい”とのお言葉をいただき、その直後、妊娠しました。

婦人科の先生にも“正直、赤ちゃん無理だと思っていた。カウフマン療法の最中に妊娠したのはあなたが初めて。ミラクルベビーね。”と言われ、とても嬉しかったです。奇跡ということはあるんだなぁと実感しております。

せっかく授かった命、焦らずのんびりと穏やかに楽しみながら子育てしていきたいと思います。落ちつきましたら、是非、玄和堂にお礼のごあいさつにうかがいたいと思っております。

今後、私のような患者さんが一人でも多く赤ちゃんに恵まれますよう祈っています。

最後になりましたが、暑さ厳しい折、皆様ご自愛下さいますようお祈り致します。本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。とり急ぎ、お礼まで。

─この方への治療─


結婚歴2年2ヵ月。26歳頃から生理不順。子宮・両卵巣が萎縮し、早期閉経状態であり、卵巣性無月経といわれ来院された。自力での最後の生理は1年10ヵ月前である。この間、ホルモン治療をす。小柄で中肉中背。肩が凝り、ガスが多く腹痛あり。冷え症で胃腸が弱く下痢しやすい。食欲は盛んで辛いもの、肉、野菜をとる。湯水は7杯。

腹証により真武湯を投与。その後腸の具合良く、温経湯に変方。これを8ヵ月間服用。この前後からカウフマン療法と併用しながら当帰芍薬散を処方し、1年後に妊娠に至る。その後順調に経過し、男児を出産された。難しい症例であったが、漢方で体の状態を良くし、併用することで良い結果が得られたと思う。



<前の手紙  次の手紙>


このページのトップへ