TOP患者さんからのお手紙 > 平成22年1月 B.Eさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成22年 1月 B・Eさん 39歳(初診時) AIH6回、流産1回の原因不明不妊。冷えを改善し妊娠に至る

寒さ厳しき折、寺師先生、スタッフの皆様におかれましては、お忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。お陰様で2009年10月23日に元気な男の子を出産しました。高齢出産(40才)のため帝王切開での出産となりましたが、母子共に健康です。1ヵ月半程里帰りをしていたため、お礼が遅くなり失礼いたしました。

思えば昨年の秋にTVで玄和堂を知り、通院4ヵ月という短期間で妊娠することが出来たのは自分自身でも驚きでした。始めて玄和堂の扉を開けた時、漢方の香りにホッとしたのを今でもハッキリと覚えています。

33才で結婚し、当初子供は欲しいと思えばすぐに授かると思っていましたので特に焦ることも無く、2人の時間を楽しんでいました。36才頃にそろそろと思い子作りを始めましたがなかなか授からず病院に行った所、原因不明の不妊症との診断に信じられない気持ちでした。

タイミング療法、ホルモン治療、人工授精も6回行い、少しでも治療実績の高い病院にと途中転院もしましたが妊娠することは無く、生理になる度にトイレで涙しました。担当医にはいつも年齢のことを言われ、
「古い野菜で美味しい料理が出来ないのと一緒で年齢のいった卵では妊娠できない」
「人工授精を6回してダメなんだから自然妊娠は無理。今までの経験でもそのような患者さんはいません」などと言われました。

しかし当時の私には西洋医学にしか頼る道がありませんでした。体外受精でも確率は低いと言われ毎日次のステップに進むべきか子供は諦めるべきか悩んでいました。そんな私の姿を見て主人が通院を休んだらどうか・・・と言ってくれた時は正直ホッとしました。でもこれで自分の子供を抱くことも無いのだと後悔にも似た気持ちもありました。

通院のストレスから解放されたのが良かったのか、1年後にまさかの自然妊娠で泣いて喜んだのも束の間、1ヵ月で流産。家族にはまたすぐ出来るよと言われましたが、生理の周期はメチャクチャで体調も悪く、一向に妊娠する気配もなく半ば、諦めていた時に寺師先生と出会いました。

初回通院時39才でしたのでもう無理ですよと言われるのを覚悟で行きましたが、40代でも妊娠した方がいらっしゃると聞き、希望を持つことが出来ました。また寺師先生に自然妊娠は無理と以前通院していた医師に言われたと話した所-
「その人いくつ位?どうして出来ないと言いきれるのかな」とおっしゃいました。その時私は少しでも妊娠の可能性があると思ってくれる先生に診ていただきたいと心から思い、出来るまで通い続けようと決心しました。

漢方を飲み始めて少しずつ体が温かくなり、特に手足の先がポカポカするようになりました。また入浴時に汗をかくようになったのもすぐに感じた体の変化でした。何年も通うつもりでしたが、こんなに早く子供を授かることができ本当に夢のようです。

子育ては大変ですが1日1日の成長が嬉しく親としての喜びを感じます。結婚8年目に授かった宝物に主人はもちろん、両家の親もデレデレです(笑)
産まれたばかりですが兄弟を作ってあげられたらと思っているので、その節はまたよろしくお願いいたします。

子供がもう少し大きくなりましたらお礼に伺いたいと思っています。これから責任重大ですが子供の可能性を少しでも広げて個性を大事にしてあげたいです。親としても子供と一緒に成長していけたらと思っています。

玄和堂に通院されている方が1人でも多く妊娠されますよう心からお祈りしております。
お忙しいとは存じますがお体に気をつけて頑張ってください。本当にありがとうございました。

2009.12.25

P.S この手紙を読まれる患者さんにもコウノトリさんがやってきますように・・・

 

─この方への治療─


結婚歴5年1ヵ月。排卵誘発剤、人工授精6回するも妊娠に至らず、原因不明の不妊。一度自然妊娠したが、流産したといわれ来院。身長166cm、体重59㎏で大柄なタイプ。生理の周期は22~27日とやや短めだがきちんとある。寒がり、立ちくらみあり。胃腸の調子は良いが、ガスがたまりやすい。便通は3日に1回。食欲は盛ん、湯水は4杯。

腹診すると、鼠径部の突っ張り、ガス腹、冷えをポイントに当帰四逆湯の加味方を投与。2ヵ月後、手足温か、朝も体が冷えないと。引き続き、同方を投与。その後、当帰四逆湯、当帰芍薬散科に変方し、3週間後に妊娠に至る。トータル4ヵ月間の服用である。その後順調に経過し、無事に男児を出産された。冷えを改善し、血行を良くすることで妊娠に至ったと思われる。



<前の手紙  次の手紙>


このページのトップへ