TOP患者さんからのお手紙 > 平成22年8月 K.Mさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成22年 8月 K・Mさん 29歳(初診時) 冷え症が改善し、自然妊娠に至る

寺師碩甫先生、スタッフの皆様お元気ですか。

6月18日、元気な男の子を無事出産することができました。これも皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

2008年の秋に初めて玄和堂診療所を受診し、初めての漢方薬は当初飲みづらく感じ、続けられるのか、効きめがあるのかと 不安もありました。毎日煎じることも日々の日課となり、漢方を飲み始めてからその年のしもやけが全くなかったことが 初めての漢方の効果の実感です。

また、便秘も解消され体調が良くなり、たとえ、妊娠できなくても体質が改善されればそれでいいと思いました。

冷え症がよくなり、そろそろ漢方薬を飲み始めて1年になると思っていた頃、妊娠がわかり、本当に本当に嬉しかったです。

結婚して4年がたち、なかなか子宝に恵まれず、途中甲状腺の病気になり、子どもはできないんじゃないか!なんでできないんだろう・・・と悲しい気持ちになっていたので、初めて妊娠が本当に奇跡的で嬉しかったです。

もともと冷えも強かったので、3年は続けてみようと思っていたので、約1年間で妊娠できたことは驚きでしたし、漢方を試してみて本当に良かったです。

寺師先生、スタッフの皆様 本当にお世話になりました。
今は初めての育児に悪戦苦闘しながらも、かわいい我が子を抱くことができる喜びを、日々かみしめています。

また、いつかお世話になるかもしれませんが、その時はどうぞよろしくお願い致します。
暑い日が続きますのでどうぞ皆様ご自愛下さい。

2010年8月

 

─この方への治療─


結婚して2年6ヵ月。昨年(平成19年)、橋本病と診断され、そのころより、月経時の経血量が減り、婦人科に受診。プロラクチン値が高く、テルロンを服用し、タイミング法を行う。時々排卵誘発剤を使用とのこと。卵管は疎通。生理は順調だが量は少ない。基礎体温表は、二相性を示し、排卵も見られる。身長158cm、体重47Kgと中肉中背。手足、腰が冷え、寒がり。便通は3~4日に1回。食事は盛ん。湯水は4杯。

腹証により、当帰四逆湯の加味方を投与。同薬を7ヵ月服用後、当帰芍薬散料に変方し、4ヵ月後、自然妊娠に至る。流産止めに芎帰膠艾湯を1ヵ月ほど投与。順調に経過し、男児を出産された。冷えを解消し、子宮・卵巣の働きを健全なものに戻して妊娠に至ったと思われる。



<前の手紙  次の手紙>


このページのトップへ