TOP患者さんからのお手紙 > 平成23年1月 S.Tさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成23年 1月 S・Tさん 34歳(初診時) 排卵障害の不妊、体調を整え自然妊娠

あけましておめでとうございます。

昨年、3月9日に無事に娘を出産する事が出来ました。寺師先生をはじめ、スタッフの方々には大変お世話になり、ありがとうございます。

治療をはじめてから7年…色んな経験をしてきましたが、あきらめずに治療を続けた事、玄和堂診療所に出会えた事に感謝しております。

玄和堂での治療は半年と短い期間でしたが、思えばホルモン剤の注射や体外受精などの治療に比べ、ストレスもなく月に一度診療所へ行き、漢方薬を飲む事が日課となりました。

本当に赤ちゃんが出来るのかな?と半信半疑でしたが、3ヶ月目に一度の妊娠~流産と残念な結果ではありましたが、6ヶ月目に2度目の妊娠…信じられませんでした。

寺師先生のお陰で子供を授かる事が出来ました!!本当にありがとうございました。又、出来る事なら娘に兄弟を…と考えておりますので宜しくお願い致します。

慣れない子育てに毎日があっという間にすぎ、体温表を送るのが遅くなってしまいすみません。同封します。

これからも、1人でも多くの方々の願いを叶えてあげて下さい。
寺師先生、スタッフの皆様、くれぐれも体調を崩されませぬようご自愛ください。

平成23年1月吉日

 

─この方への治療─


結婚歴6年8カ月。平成16年5月から不妊治療を始める。女性ホルモン値が低く、排卵障害といわれ、ホルモン剤とタイミング治療をする。2カ所目で多のう胞性卵巣症候群といわれ、クロミッドとタイミング指導を受ける。排卵しない事もあり、卵胞・黄体ホルモンも使用したと。3カ所目で体外受精専門に行き、やはりPCOと診断され、カウフマン療法でリセットを何度かする。体外受精を1度行うが妊娠には至らなかったと。身長149cm、体重52㎏。基礎体温表は一相性を示す。生理不順。首、肩が凝り、腰痛あり、又冷房に弱い。便通は1日2~3回。食欲はふつう、湯水は6~7杯。

腹証により当帰四逆湯を投与。(本来、大柴胡湯合桂枝茯苓丸料をと考えたが…)体重を3~4㎏落とすように指示。同薬を3カ月服用後、妊娠に至ったが、残念なことに流産された。引き続き、加味逍遙散、当帰四逆湯を投与し、2カ月後に再び妊娠。流産止めに芎帰膠艾湯を投与。無事に女児を出産された。排卵障害に直接的に漢方が効くとは考えにくいが、2度目の妊娠時には、3kg体重がおち、冷えを改善することで、妊娠しやすい体づくりができたのであろうと考える。



<前の手紙  次の手紙>


このページのトップへ