TOP患者さんからのお手紙 > 平成23年7月 K.Iさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成23年 7月 K・Iさん 38歳(初診時) 原因不明の不妊、瘀血を解消して自然妊娠に至る

今年は例年よりも早い梅雨入りとなりましたが、先生をはじめ、スタッフの皆様方お元気でしょうか?通院中は大変お世話になり、ありがとうございました。

この度3月29日に女の子を無事出産しました。予定日より11日遅れて、陣痛促進剤を使っての出産となり、1日半かけての難産となりました。

お産はきつかったせいか、我が子のうぶ声を聞いた時は、嬉しさと安心とが混じり合って思わず涙が出てきました。このような感動を体験できたのも、玄和堂の皆様のおかげだと感謝しております。

私は結婚して半年ぐらいから、不妊治療を始め、今までタイミング法、人工授精、体外受精といろんな治療をしてきましたが、なかなか子供には恵まれませんでした。

当時は仕事をしながらの不妊治療でしたので、体力も気力も無くなり、疲れはてていた時に知人の紹介で玄和堂診療所を知る事ができました。

私もまず、自分の体質改善から始めた方が良いのではと思っていたので、これなら妊娠できるかもしれないとワクワクしました。漢方薬治療は体にも無理な負担もなく、仕事にも影響なく続けられたので、精神的にも落ちついて通院する事ができました。

飲み始めて半年ぐらい経ってくると、下腹部が温かくなってきた事を感じました。その頃にちょうど妊娠する事ができました。以前の私では考えられない事で、主人と一緒に喜びました。

現在通院されている方も、可能性を信じて諦めず頑張って下さい。我が子はとても可愛いです。

最後に先生をはじめスタッフの皆様へ。今年40歳になりますが、2人目を考えたらまたお世話になるかもしれません。その時はよろしくお願い致します。

本当にありがとうございました。

1人でも多くの方が子供を授かれますように・・・

平成23年7月吉日

 

─この方への治療─


結婚歴3年7カ月。ご夫婦とも特に問題はなく、来院されるまでに、AIH8回、体外受精2回するも妊娠せず。できれば自然妊娠を希望しているのですが、年齢のことも気になっていますと。子宮筋腫があるが、経過観察中。生理は順調で2相性に示す。身長149cm、体重44kgと小柄なタイプ。目、体が疲れやすい。寒がりで冷房に弱い。めまい、むくみあり。食欲はふつう、湯水は4杯。

腹診により、左の瘀血の圧痛点をポイントに桂枝茯苓丸料を処方。2カ月服用後、瘀血が解消している。下腹部の突っ張り、冷えを考え、当帰四逆湯に変方。1カ月後、桂枝茯苓丸料の方がのみやすいと。又、左右の瘀血の圧痛点が見られたため、前方に戻した。その後、当帰芍薬散料を服用し、自然妊娠に至る(服用9カ月)。流産止めに芎帰膠艾湯をすぐに送る。その後順調に経過し、無事女児を出産された。瘀血を改善し、血のめぐりを良くし、血に栄養がついた結果と思う。



<前の手紙 | 次の手紙>


このページのトップへ