TOP患者さんからのお手紙 > 平成23年9月 M・Rさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成23年 9月 M・Rさん 34歳(初診時)PCOSで生理不順、体重をおとし、体調を整え、顕微授精で妊娠

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 御礼が遅くなってしまいましたが、おかげ様で昨年12月、元気な男の子を無事出産することができました。今こうして我が子を抱き、育児に追われる生活を送っていることが、夢のようです。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

寺師先生やスタッフの皆様との出会いがなければ、我が子と出会うことはできなかったと思います。結婚2年目から4年目にかけて、AIH6回、IVF1回をおこないましたが、全て陰性で、多嚢胞性卵巣症候群との診断があり、これで本当に妊娠することができるのだろうかと、精神的につらい時期もありました。

もともと冷えがあったので、まず体作りからしなければならないと思っていたころ、主人がインターネットで貴診療所のことを調べてくれました。早速予約を取り、2008年3月に初めて貴診療所を訪れました。

扉を開けた瞬間の、あの漢方薬の臭いになぜか気持ちが落ち着いたのを今でも覚えています。自宅から電車で約2時間かかり通院できるかどうか最初は不安でしたが、寺師先生の励ましのお陰で、月1回の通院も、毎日の煎じも全然苦になりませんでした。主人と一緒に通院することもあり、東京見物や銀座でのショッピングを楽しむこともできました。

もう、高齢なので不躾とは思いながらもIVFを希望していることを最初から先生にご相談しましたが、親身になってご指導いただきました。1年6カ月ほどで先生からお許しが出、それから6カ月後、IVFに臨み、すぐに妊娠することができました。陽性反応が出てからも、流産止めなど、その時々に合った薬を処方していただき、身体的にも精神的にも安心して過ごすことができました。

貴診療所に通院し私は2年かかりましたが妊娠することができました。もともと生理不順で漢方薬を服用してもなかなか改善しませんでしたが、次第に体が温まり、冷えが確実に改善してきたことを実感しました。やはり冷えは大敵なのだとつくづく思います。

息子の写真を同封します。現在、息子は7カ月になったところです。育児は大変ですが、日々成長している我が子を見ながら、充実した毎日を送っています。気は早いですが、2人目を考えております。またお世話になりたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

最後になりますが、現在治療中の皆様も、一日でも早く良い結果が出ますことを心より願っております。

 

─この方への治療─


結婚歴4年。クロミッドをのみ、タイミング指導。AIH6回、体外受精を1回するも、妊娠しないと。多嚢胞性卵巣症候群と診断され、生理は不順。卵管は疎通。身長158㎝、体重59㎏と少し多め。肩、背中が凝り、手足が冷える。食欲は盛んで、魚、野菜、海藻類を好む。湯水は3~4杯。

腹証により大柴胡湯合桂枝茯苓丸料を投与し、体重を落とすように指示。52㎏~53㎏になり、当帰芍薬散料に変方。その後、冷えを中心に当帰四逆湯を投与。服用1年半後の秋、体外受精に向けて、当帰芍薬散料に変方し、翌年の春に顕微授精を行い、妊娠された。周期は最後まで35~70日ぐらいだったが、排卵、高温期は見られた。妊娠後、流産止めに芎帰膠艾湯、その後当帰芍薬散料を出産直前まで服用し、無事に男児を出産された。体重を落とし、体調を整え、妊娠しやすい母体づくりができた結果だと思われる。

現在、2人目がほしいと再来院中です。



<前の手紙 | 次の手紙>


このページのトップへ