TOP患者さんからのお手紙 > 平成24年4月 R・Eさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成24年4月 R・Eさん 36歳(初診時) 術後、避妊。その後体調を整え、妊娠

玄和堂診療所の皆様へ
大変ご無沙汰しております。お礼の手紙と出産のご報告が遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。
寺師先生をはじめ、スタッフの皆様には大変お世話になり、心から感謝しています。

お蔭様で昨年の1月12日、3630gの元気な女の子を出産しました。
予定日の朝、陣痛がはじまり、病院に行き、そのまま入院となりましたが、陣痛の間隔が 一向に短くならず、子宮口も開かず一日が過ぎました。2日目には微弱陣痛になり、 3日目には病院の先生から、このままの状態が続くと、母子共に危険なので、陣痛促進剤を使用することを勧められました。
どうしても、薬を使わずに産みたかったので、 1日だけ待って欲しいとお願いし、朝から廊下を何回も何回も往復して歩き、陣痛が来るように祈っていました。

その願いが通じたのか夕方には陣痛の間隔が短くなり、夜無事に自然分娩で出産することができました。
難産ではあったけど、我が子の産声を聞き、顔を見た瞬間にもう忘れていました。
我が子をこの手で初めて抱いた時の感動は一生忘れる事はありません。

テレビ番組を見て、玄和堂診療所を知り、主人と相談して葉書を出すことに決めました。
予約をとるのに約一年かかりました。待ち遠しい一年でした。
玄和堂診療所のドアを開けた瞬間、漢方の匂いがし、あたたかい温もりと優しさを 感じたことを覚えています。

最初は半信半疑でしたが、寺師先生の優しい笑顔と「45歳ぐらいまでは、まだまだ大丈夫ですよ。」と言ってくれた時、肩の力が抜けました。 信じてみようと思いました。今までは、焦る気持ちばかりで、心にも体にも余裕をなくしていたのに、寺師先生の その一言で、私の心と体に余裕をもたらしてくれたのです。

まず、体重を落とすように指導を受け、食生活も少しずつではあるけれど気を付けていきました。初めて飲む漢方薬に最初は苦戦し、本当に飲み続けられるのか不安でしたが、 3週間もするとすっと飲めるようになりました。
そして通院から5カ月・・・・・妊娠することができました。 こんなに早く妊娠ができると思っていなかったので、妊娠が分かった時は本当に嬉しかったです。 主人もとても喜んでくれました。 日々大きくなるお腹を見ては嬉しくて、自分が母親になった幸せを毎日感じていました。

本当に本当に幸せです。

今、この手で我が子を抱く事ができるのは、玄和堂診療所のお陰だと、心から感謝しています。
心にも体にも余裕を持つことができずに諦めかけていた私達夫婦に希望をもたらしてくれました。
今は毎日忙しく、寝不足な日もありますが、娘の顔と成長を見る度に「産まれてきてくれてありがとう。」という感謝の気持ちで一杯になります。

こんな日が来るなんて・・・本当に嬉しくて仕方がありません。

今、主人と2人目が欲しいと思っています。
また、お世話になる事と思いますが、今後ともよろしくお願いします。

今、玄和堂診療所へ通われている皆様にも、可愛いい我が子が授かれるよう、心から 祈っています。
諦めないで下さいね。

玄和堂診療所の皆様、
お礼の手紙と出産の報告が遅くなりましたが、 本当にありがとうございました。

 

─この方への治療─


結婚歴7年。結婚後、子宮頸癌を手術し、避妊。心身ともに癒えてきたので、子供を願っていたが、なかなか授からないと言って来院された。ご夫婦とも 不妊の検査は受けておらず、ホルモン治療もしていない。 身長151cm、体重55kgと小太りタイプ。頭痛あり、首、肩が凝る、冷えもあり、寒がり。便通は3~4日に1回で便秘。食欲はさかんで、甘いもの、肉類、菓子を好む。湯水は10杯。

腹証により、大柴胡湯合桂枝茯苓丸料を投与。便通薬も加味する。 体重を落とすよう指示。同薬を4カ月服用後、自然妊娠に至る。 この間、検査を受け、左卵管は閉塞、精子の数も1900万と言われ、 人工授精をすすめられ、悩んでおられた。順調に経過し、女児を出産された。体重は、 1~2kgしか減らなかったが、体調が整い、子宮・卵巣の働きを高めたのだろう。



<前の手紙 | 次の手紙>


このページのトップへ