TOP患者さんからのお手紙 > 平成24年6月 N・Aさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成24年6月 N・Aさん 40歳(初診時) 4回の流産を乗り越え、無事出産

大変お世話になっております。
出産のご報告が遅くなって申し訳けありません。
お陰様で、2012年3月22日に大きな大きな男の子(3978g)を無事に出産する ことが出来ました。

丁度一年前に初診で伺ってから、こんなに早く我が子を抱けるとは思ってもいませんでした。 4回も初期流産を繰り返し、特に原因も分からず、途方に暮れていた 私は、偶然ネットで貴診療所を見つけ、藁にもすがる思いで、往復ハガキを出しました。

この頃は、妊娠を希望している反面、妊娠しても、又すぐに流産してしまうのではないかと、妊娠するのが正直恐かったです。

こちらの漢方に出会ってから、「この漢方をしっかり飲んで母体を作ればもう流産しない!」と何だか勇気が湧いてきて、実際、煎じて頂くと、とても前向きな気持ちになれたのでした。

特に先生には言われなかったけど、母体作りで、少なくとも3カ月間は、しっかり煎じて飲もうと自分で目標を立てていましたが・・・

1カ月もしないうちに妊娠してしまいました。 その間、敢えて排卵日は避けていたのですが・・・。

妊娠発覚からは、すぐに玄和堂さんにお電話して、流産止めを処方して頂き、ひたすら赤ちゃんの無事を祈り飲み続けました。 途中、出血したりして、ひどく弱気になる事もありましたが、今はこうして健康に産まれて来てくれて玄和堂さんに出会っていなかったら、この子には出会えなかったと思います。

高齢出産で、産まれてくれるまでは、色々と不安を抱えていましたが、助産婦さんに「この年齢で、この時間(分娩)で、この大きさ(赤ちゃん)なら上出来!」とお褒め(?)の言葉も頂き、出産もとても感動的でした。

本当に、本当に有難うございました。 心より、お礼を申し上げます。

─この方への治療─


結婚歴8年4カ月。妊娠はするが、流産を4回繰り返す。いずれも自然妊娠で、8週未満で流産。不妊、不育の検査も行うが、夫婦共に異常なしといわれ来院された。生理は順調、少し生理痛あり。身長173cm、体重54kg。目の疲れ、くしゃみ、鼻汁が出る、鼻がつまるなど、風邪をひき易いと。冷え症で便通も2~3日に1回と便秘である。食欲は盛んで、湯水は10杯。

腹診すると鼠径部に突っ張りが見られ、冷えもある。当帰四逆湯の加味方を投与。すると1カ月後に電話で妊娠反応が陽性との連絡があり、流産止めの薬として、芎帰膠艾湯をすぐに送る。17週まで同方をのみ続け、無事に流産を乗り越えられた。その後、当帰芍薬散に変方し、30週頃まで服用。順調に経過し、41歳で男児を無事出産された。



<前の手紙 | 次の手紙>


このページのトップへ