TOP患者さんからのお手紙 > 平成24年7月 E・Uさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成24年7月 E・Uさん 39歳(初診時) 便秘傾向にある実証タイプの不妊、体質を改善し妊娠

梅雨明けの待たれる今日この頃 先生をはじめスタッフの皆様いかがお過ごしでしょうか。通院中は大変お世話になりありがとうございました。

平成24年5月8日、体重3582gの元気な女の子が無事誕生いたしました。おかげ様で毎日すくすくと成長しており母子ともに元気に過ごしております。

平成22年9月に初めて受診し、半年ほどで妊娠、とても喜んだのですが、残念ながら流産してしまい、年齢的にも無理なのかな?ととても悲しかったです。

これからどうするか悩みましたが、もう少し漢方の力を信じてみようと思い飲み続け、流産から半年ほどで再び妊娠する事ができました。

先生からは、体重を減らすように毎回言われましたが、なかなか減らす事ができませんでした。
通院中は、ドアを開けるとまず漢方の香に癒され、そしてたくさんの方が順番を待っていて"自分だけじゃない"と勇気づけられ、多くの方々のお礼の手紙や写真をみて"いつの日か私も"と通院が楽しみでした。

娘も2カ月になり、話しかけると笑ってくれたりするようになりました。
抱きながら夢かな?と思う事もあります。私達夫婦に宝物を授けていただけたのは玄和堂の皆様のおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです。

皆様に恩返しができるように、やっと授かった宝物を感謝しながら大切に大切に育てていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

皆様、お体ご自愛下さい。

─この方への治療─


結婚歴2年10カ月。2度ほど子宮頸管ポリープの手術を受けている。ご夫婦共、不妊の検査はまだ受けておらず、治療もしていないと。生理は不順で生理痛はある。身長159cm、体重67.5kgと肥満タイプ。頭痛、肩、背中が凝る、汗かき。便通は薬をのまないと7日に1回と便秘。食欲はふつうで湯水は7杯。

腹診すると、胸脇苦満が顕著であり、便秘、又肌は水っぽい。大柴胡湯合桂枝茯苓丸料と防己黄耆湯を1日交互に服用してもらう。便通薬を加味し、体重を落とすよう指示する。2カ月服用後、前方の大柴胡湯合桂枝茯苓丸料と当帰芍薬散料の2処方に変方。この間、ご夫婦共に検査を受け、問題なしとのことであった。初診より半年後に妊娠されたが、残念なことに流産された。引き続き、同2処方を投与。半年後に再び妊娠に至る。順調に経過をたどり、女児を無事出産された。体重は1~2kgと減らなかったが、胸脇苦満、瘀血の圧痛、便秘などが解消され、確実に体内は改善された結果であろうと思う。



<前の手紙 | 次の手紙>


このページのトップへ