TOP患者さんからのお手紙 > 平成25年3月 G・Eさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成25年3月 G・Eさん 40歳(初診時) 初期流産3回(体外)の不妊、体質改善し自然妊娠

寺師先生 スタッフの皆さま
すっかりご無沙汰しております。皆さまお元気でしょうか?

出産のご報告が遅くなりまして申し訳ございません。11月27日に生まれました娘もすくすくと成長し、もうすぐ3ヵ月。最近は自己主張することもあります。毎日家事と育児に追われ1日がアッと言う間に過ぎてしまいます。忙しい中でもかわいらしい笑顔を見る度に何とも言えない幸せを感じています。こんな気持ちで今を過ごしているとは1年前には想像もしていませんでした。

38才で結婚し、1年が過ぎても妊娠せず、最初に不妊相談に行ったクリニックで体外受精をしている病院をすぐに紹介されました。その病院で3度の体外受精をしましたが、ごく少ない妊娠反応は出るものの妊娠には至らず、卵子が弱いのが原因と言われました。その病院では妊娠反応が出た時に、妊娠を継続させるためにホルモン剤の注射や薬を投与されましたが、根本的に体を治す治療は行いませんでした。

このままで本当に赤ちゃんができるのかな?と少し疑問を抱いた頃、書店で先生の本『不妊は漢方で治せる』を見つけました。 漢方ってどうなんだろう?という気持ちで本を拝読したところ、その中に「妊娠した後に10ヵ月間お腹で赤ちゃんを育てられる母体を作る」というような一節を見つけ、これだ!!と思い通院させていただきました。

丁度、昨年の今ごろはお腹もやわらかくなってきて、先生と相談した結果、3月頃もう一度体外受精してみようと決め、あまり子作りのことは考えず気楽に過ごしていました。先生のおかげで体質を改善できたことと精神的に安定していたせいか、思いもかけず3月の終わりに自然妊娠で妊娠検査薬に反応が見られ、玄和堂診療所に電話したところ、すぐに流産止めを送ってくださいました。

生活面では気を付けていたものの仕事では残業が多く、通勤にも時間がかかっていた私にとって、この流産止めはお守りと同じくらい心強く私を支えてくれました。

おかげさまで妊娠中も特に異常が出ることもなく、妊娠・出産と順調に無事に迎えることができました。7ヵ月という短い期間でこんなに良い結果が出るなんて思っていませんでした。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

先生がお元気でこれからも多くの患者さんにHappyを贈られることをお祈りしています。

─この方への治療─


結婚歴1年7ヵ月。体外受精3回、3回ともに着床するも妊娠が継続せず、初期流産を繰り返す。黄体ホルモン値が低く、卵子が弱いといわれた。自然妊娠を希望し、根本的に体を治したいと来院された。生理は順調、二相性を示す。夫は問題なし。身長158cm、体重54kg。肩、背中が凝る。他には特に訴えなし。便通1日1回。食欲盛ん、湯水10~12杯と多い。

腹証により、まず大柴胡湯合桂枝茯苓丸料を投与。1ヵ月半の服用により瘀血および胸脇苦満が改善。当帰芍薬散料を処方し、大柴胡湯合桂枝茯苓丸料と交互に2ヵ月半服用。冬期に入り、足の冷えがあり当帰四逆湯、当帰芍薬散料の二処方に変方。交互に4ヵ月弱服用し自然妊娠に至る。流産止めに芎帰膠艾湯、当帰芍薬散料を投与。順調に経過し無事に女児を出産された。妊娠が継続し出産に至ったのは、体質が改善され子宮・卵巣の機能が高められた結果だろう。


<前の手紙 | 次の手紙>


このページのトップへ