TOP患者さんからのお手紙 > 平成25年7月 Y・Tさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成25年7月 Y・Tさん 39歳(初診時) 子宮外妊娠・流産後の不妊、瘀血を去り自然妊娠

拝啓、盛夏の候、皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。通院中及び妊娠中は、大変お世話になり、ありがとうございました。おかげさまで、無事男の子を出産することができました。漢方に出会えたおかげと心より感謝しております。

私は38歳で結婚し、初めての妊娠は子宮外妊娠、その半年後は流産を経験しました。年齢的な焦りから不妊治療を始め、タイミング3回、体外受精を2回行いましたが、2回とも空胞で卵子が取れず、もう卵子が無くなってしまったのかと、とても落ち込んだのを覚えています。

体外受精は精神的にも金銭的にもきついため、少しお休みしようと思った時に、たまたま本屋で寺師先生の本に出会い、漢方だったら、子供を授からなかったとしても自分の体に良い事だから無駄にならないと思い通い始めました。

半分あきらめの気持ちで来ましたが、先生に「もう少し自分の体に自信を持って!」と言っていただきとても嬉しく思ったのを覚えています。ただ、自分で自分にプレッシャーをかけないように、月一回、銀座に遊びに来ていると思うようにして、あとは食生活の見直しや毎日のウォーキング、腹筋等、先生にご指導いただいたことを続けました。

飲み始めて3ヵ月後には、お腹をさわるととてもやわらかくなっていて、舌の裏の血管の色も変わってきていて、自分でも体の変化を感じることができました。ただ、生理の量が少なかったり、排卵日がどんどん早くなっていく等、年齢的な不安はいろいろありましたが…。

漢方は2年は続けようと思って通院していましたが、飲み始めて3ヵ月で自然妊娠することができました。妊娠中は、切迫流産になったり、後期には逆子で体重が少なく、高齢のため転院させられたり、最後まで不安でしたが、玄和堂の皆様にはとても親切にしていただき、漢方を最後まで飲み続け、2350gと小柄ながら、元気な赤ちゃんを出産することが出来ました。第2子も考えているので、その際は、またお世話になりたいと思っています。

最後になりますが、本当にありがとうございました。皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

敬具

─この方への治療─


結婚歴1年8ヵ月。子宮外妊娠、半年後に流産。その後不妊治療を開始。タイミング法3回、体外受精2回するも空胞。医師より卵巣機能低下を指摘される。生理順調。卵管問題なし。身長164cm、体重54.5kg。便通は1日2回。食欲はふつうで、肉、魚、野菜、甘いものを好む。湯水は7~8杯。
腹証よりまず血府逐瘀湯を処方し、その後当帰芍薬散に変方。約4ヵ月の服用にて自然妊娠。妊娠中は、芎帰膠艾湯、当帰芍薬散を服用、無事男児を出産された。この方は、漢方の服用により瘀血を解消し、加えて生活指導を実践されたことも体質改善に功を奏したのだろう。



<前の手紙 | 次の手紙>



このページのトップへ