TOP患者さんからのお手紙 > 平成27年8月 T・Iさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成27年8月 T・Iさん 34歳(初診時) AIH6回、移植5回、月経不順の不妊、体質を改善し妊娠

報告が遅くなってしまい申し訳ございません。5月に元気な男の子を出産いたしました。玄和堂にお世話になったのは5年前の8月。病院で体外受精まで挑戦するも妊娠できず、肉体的にも精神的にもボロボロに。今後どうしようか悩んでいた時にテレビで玄和堂のことを知り、手紙を出しました。

ホルモン注射で増えた体重、ガチガチだったおなか。元に戻るか不安でしたが、先生が言った通り4年でやわらかいおなかに。そして長い間増え続けていた手のイボもすっかりなくなり、漢方で体の内面から健康になった気がします。最後は年齢や仕事の関係で、病院との併用をお願いした時も、先生は笑顔でOKを出して下さり、本当に先生の笑顔と楽しい話に励まされました。

今回の病院でも体外受精でしたが、一回目で妊娠がわかり夫婦でびっくり。妊娠が分かった後も漢方のおかげでつわりもほとんどなく元気にマタニティライフを楽しむことができました。

出産は予定日前の破水で帝王切開になってしまいましたが、3718gの大きな男の子を無事出産し、すくすく育っています。私の体調も良好で母乳の出もとてもよく、母子共に元気一杯です。

約5年間、スタッフのみなさんには大変お世話になりました。月1回の銀座通いはとても楽しかったです。本当にありがとうございました。

─この方への治療─


結婚歴6年9ヵ月。人工授精6回、体外受精5回行うも妊娠に至らず来院された。左多嚢胞卵巣症候群と診断されている。生理は不順。身長163cm、体重62.5kg。胃腸が弱く、月経前症候群として背中の凝り、頭痛がある。食欲はふつうで湯水は7杯ほど。便通は1日1回。小水1日6回。

まず腹症より大柴胡湯合桂枝茯苓丸料を投与。5ヵ月ほど服用するとお腹がスッキリとしてくる。その後、温経湯、血府逐瘀湯、当帰芍薬散などをその時々の状態により処方。約4年9ヵ月服用し顕微授精にて着床し妊娠。妊娠後は芎帰膠艾湯、当帰芍薬散を服用。順調に経過し、無事男児を出産された。



<前の手紙 | 次の手紙>


このページのトップへ