TOP患者さんからのお手紙 > 平成29年2月 K・Mさんからのお手紙

患者さんからのお手紙

平成29年2月 K・Mさん 36歳(初診時) 瘀血を改善、お腹を柔らかくして6年ぶりに3人目を自然妊娠

早春の候、先生にはお元気でお過ごしのことと存じます。
その節は大変お世話になりました。その後のお礼とご報告が大変遅くなり申し訳ございません。おかげさまで、平成28年8月に元気な女児を出産いたしました。前のお産から6年半ぶりの高齢出産だったので、何かと心配もありましたが、産院の先生のご判断で、分娩促進剤を使い、陣痛が始まってから分娩まで1時間という、先生方も驚かれるほどの超スピード安産でした。

産後は上の子たちを産んだ時と比べると、やはり体力の衰えは感じますが、3人育児に休む暇はなく、毎日あわただしく奮闘しております。長年の望みであった赤ちゃんをまた再びこの腕に抱かせていただけて、まだどこか信じられないような感覚もありますが、娘の笑顔はもちろんのこと、泣き顔すら愛おしく、ただただ有難いと感謝する日々でございます。

思えば、先生のもとへの通院は、1年2ヵ月ほどだったでしょうか。毎回、当時幼稚園児だった次男を連れて電車でのちょっとした旅行でした。途中一度流産も経験し、あきらめかけたこともありましたが、毎回診療所に着くと心地よい漢方薬の香りに癒され、又、何より先生とのお話しで、励ましと元気をいただきました。本当にありがとうございました。

本当は、直接お礼をお伝えしに伺いたいところですが、まだ娘を連れての遠出が難しいため、とりあえず、お手紙にてのご挨拶で失礼いたします。将来、娘が結婚し、子供を望むようになったら、ぜひ玄和堂さんを紹介したいと思っております。寺師先生、これからもお元気で、ますますのご活躍をお祈りしております。
本当にありがとうございました。

─この方への治療─


結婚歴8年4ヵ月。男児二人を出産されており、三人目の妊娠を望みタイミング法などを試みたが妊娠に至らず、漢方薬での自然妊娠を希望して来院された。疲れやすく胃腸が弱い。神経質で寒がり。生理は不順。身長152cm、体重43kg。食欲は普通、湯水は6杯ほど。便通は2日に1回と便秘気味だがストレス等により下痢をしやすい。小水1日6回。

腹診により、まず血府逐瘀湯および温経湯を投与。1ヵ月ほどの服用で一度自然妊娠するも流産となる。流産後の体調を整える加味逍遥散を服用後、血府逐瘀湯および温経湯を再開。再開後7ヵ月ほどすると瘀血の改善が見られお腹も柔らかくなってきたので、温経湯及び当帰芍薬散料に変方。同処方の服用を続け妊娠に至った。順調に経過し無事女児を出産された。
(服用期間1年2ヵ月)



<前の手紙 | 次の手紙>


このページのトップへ